海外旅行の服装に悩む!南国の上着やジーパン!

南国の必需品として上着

国内旅行だと、ある程度同じ気候での移動です。冬は地域によって寒さが異なりますが、夏は北から南までそれなりに暑いです。海外旅行となると、冬に南国、夏に寒い雪山に行くケースもあります。行く場所に合わせた服装が必要です。よくあるのは冬に南国に行くケースです。年末年始はリゾート地で過ごす人も多いでしょう。この時に必需品になるのが上着です。出国時は日本は冬なのでコートなどを着ています。でも現地では邪魔なので、日本の空港のコインロッカーに預けてしまうでしょう。でも、ちょっとした上着は持って行きましょう。南国は非常に暑いです。そのため、ホテルはクーラーが良く利いています。飛行機内も真夏の格好だと寒いかもしれません。上着があれば調節できます。

ジーパン以外のパンツも考える

世界で比較的よく着られているボトムとしてジーパンがあります。元々作業着として誕生した経緯から非常に丈夫で、御洒落アイテムとして使えます。女性ならぴったりタイプを履くかも知れません。でも海外旅行では少し考えた方がいいでしょう。飛行機でエコノミークラスだと、あまり動けません。その上ジーパンだと、締め付けられる感覚があります。楽なタイプだと、機内でも多少はリラックスできます。現地のおしゃれ用にと持って行こうとしますが、荷物にすると結構かさばります。普通のボトムであれば、ジーパンの半分です。どうしても履きたいなら、少しゆったり目のもの、あまり生地が硬くないタイプがいいでしょう。ジーパン以外でも、機内ではゆったりしたものを着るようにしましょう。